ライブカジノ

【バカラ攻略】罫線の見方と予測から勝率を上げる方法

記事内にPRを含む場合があります

バカラには罫線と呼ばれるゲーム結果が記録される表があります。オンカジのライブカジノではどのゲームプロバイダーでも罫線を表示しているので、これまでのゲーム結果を確認するとともにそのパターンを読み取ることも可能となります。

ハンナ
ハンナ
ここではバカラの罫線について詳しく解説します。パターンを読み取り予測の精度を高めるためにぜひご覧ください。
【オンカジ】ライブカジノでおすすめのバカラ!ルールや攻略法を紹介オンカジのライブカジノで最も人気があるゲームがバカラです、バカラ初心者の方は難しそうに思えるかもしれませんが簡単なルールです。攻略法などもあるのでこの機会にバカラを覚えてみましょう。...

バカラ攻略に使える罫線とは?

罫線とはバカラのゲーム結果を記録した表です。

シュー(カードを格納するボックス)

シュー(カードを格納するボックス)を交換すると内容がクリアされ、ゲーム結果が決まるごとに1つずつ記録されていきます。

罫線の記録方法

オンカジではライブカジノのバカラにおけるそれぞれのテーブルで罫線が自動的に記録されていきます。もちろんユーザーはその内容を確認できます。

罫線は左から右にかけて記録していきますが、その方法は罫線の種類によって異なります。

罫線には5種類ある

オンカジで表示されるバカラの罫線は1つの表に見えますが、実は5種類の罫線が表示されています。それぞれ記録方法が違いますし、見方も違うのでその内容を覚える必要があります。

パターンの出方も違うので、複数の罫線を組み合わせてバカラの予測することが可能となります。

罫線の見方

ハンナ
ハンナ
まずは5種類のバカラの罫線とそれぞれの見方を説明します。
罫線の見方

① 大路(ダイロ)

大路(ダイロ)はバカラのゲーム結果をそのまま記録した、罫線の基本とも言えるものです。

青丸はプレイヤーの勝ち赤丸はバンカーの勝ちを意味します。引き分けの場合は丸を追加せずに斜め線を引きます。引き分けが続く場合には、その斜め線に引き分けが続いた数が表示されます。

記録は左上からスタートして、プレイヤーまたはバンカーの勝ちが続けば下に丸を追加します。1番下まで到達したら、そのまま右隣へ続けます。

プレイヤーの勝ちからバンカーの勝ち、あるいはバンカーの勝ちからプレイヤーの勝ちへと変わった時に右隣のマスに移動して1番上に丸をつけます。

たとえば上の画像では最初にプレイヤーが勝ち、次にバンカーが勝っています。さらにプレイヤーの勝ちに変わったあと引き分けとなり、そのあとはバンカーの勝ちが3回続いています。

最後はプレイヤーの勝ちが2回続き、そのあとにバンカーの勝ちが2回続いています。そこでその次はプレイヤーの勝ちを予想する、といった使い方をします。

② 大眼仔(ダイガンチャイ)

大眼仔(ダイガンチャイ)は大路の1列手前の動きと現在の動きが同じかどうかを記録します。大路でパターンが読めない時に大眼仔でパターンが出ているかをチェックするといった使い方になります。

記録は大路の2列目2段あるいは3列目1段からスタートします。

1列手前の動きと同じなら赤丸を、違う場合には青丸をつけます。引き分けの場合は記録しません。

たとえば上の画像で大眼仔は赤丸が2回続き、次に青丸となっています。

これは大路で青丸と赤丸が交互に続いたので、2列目2段か3列目1段のどちらがつくのかをチェックします。結果は3列目1段に丸がついて1列前と同じ動きなので、赤丸がつきます。さらに次も4列目1段に丸がついて1列前と同じ動きなので赤丸がつきます。

しかしその次は5列目に移動せず下に丸が続いたので、1列前と異なる動きとなり青丸がつきます。

大眼仔に同じパターンが生じている場合には、大路の1列前をチェックして同じ結果に賭けるといった使い方をします。

③ 小路(シュウロ)

小路(シュウロは大眼仔にもパターンが見られない時にチェックします。)大路の2列前の動きと同じ結果となったら赤丸を、違う動きになれば青丸をつけます。

小路は大路において3列目の2段または4列目の1段からスタートします。上の画像では大路で4列目1段に丸がついており、2列前にも1段目に丸があるので同じ動きとなって赤丸がつきます。

次は丸が下に続きましたが、2列前は空欄となっています。よって違う動きと判断し青丸をつけます。

④ 甲由路(カッチャロ)

甲由路(カッチャロ)大路において3列前と同じ動きかどうかをチェックします。同じ動きなら赤の斜め線を、違う動きなら青の斜め線をつけます。

大路において4列目の2段または5列目の1段に丸がつけば記録をスタートします。

上の画像では4列目の2段に丸がついていますが、3列前には2段に丸がありません。よって違う動きと判断し青の斜め線を記録します。4列目の3段目には3列前がないので、この場合はひとつ前の結果から連勝すれば赤の線を、連勝が終われば青の線を記録します。

⑤ 珠盤路(チューチャイロ)

珠盤路(チューチャイロ)ゲーム結果をそのまま記録するだけです。表の左上から下に、そして右にと記録を続けますが、表のマスが限られているので古い記録は消えていきます。

プレイヤーが勝てば「P」の丸を、バンカーが勝てば「B」の丸をつけます。引き分けなら「T」の丸がつきます。

バカラの攻略に罫線が使える理由

バカラの罫線はゲーム結果を記録したもので、未来の結果を予想するものではありません。それでもバカラ攻略に活用されるのはパターンが出現するからです。

バカラはゲーム結果が前回の結果に影響されない「独立事象」の仕組みではなく、これまでのゲーム結果が今後の結果に影響するゲームです。カードを引いたシューボックス内に残るカードの内容によって、その後の結果には偏りが生じることもあるからです。

カードのシャッフルは完全にランダムにすることは難しく、ある程度は偏りが生じます。たとえばシャッフルしたカードを何分割かした場合、絵札が多く含まれる部分や「A(エース)」がまったく含まれない部分などが生じる可能性があるということです。

そのような偏りのあるカードの束から1枚ずつ引いてプレイヤーとバンカーの勝敗を決めるゲームにおいては、あるパターンのシャッフルされたカードではあるパターンが生じる、といったことも起こりうると考えられます。

そのパターンを示すのが珠盤路(チューチャイロ)を除いた4種類のバカラの罫線だと言えます。

バカラの罫線で勝率を上げる方法

ハンナ
ハンナ
それでは罫線を使ってバカラの勝率を上げる方法を説明します。

まずは大路(ダイロ)をチェックする

罫線ではパターンが出現した時に、そのパターンが繰り返すことを予想してプレイヤーとバンカーのどちらが勝つのかを決めます。

最初に大路(ダイロ)をチェックしてパターンが出現していないかを確認しましょう。

バカラの罫線で勝率を上げる方法

たとえばこの場合、プレイヤーの連勝とバンカーの連勝が続いたあとプレイヤーの3連勝とバンカーの3連勝が続いています。そのあとはバンカーの勝ちとプレイヤーの勝ちを交互に繰り返す「横ヅラ」あるいは「テレコ」と呼ばれる状態になっています。

この横ヅラは続きやすいと考えられているので、次はバンカーの勝ちにベットします。

また2列目にはプレイヤーの勝ちが連続していますが、これは「面(ツラ)」と呼ばれます。急に出現すると長く続くことが予想されるので、プレイヤーの勝ちにベットし続ける判断をします。

連勝が続き丸が1番下まで到達しても連勝が続く場合には右に続けます。この状態を「ドラゴン」と呼びます。

複数の罫線を活用する

大路を見てもパターンを確認できない場合には、ほかの罫線もチェックしてみます。

複数の罫線を活用

たとえばこの場合、大眼仔(ダイガンチャイ)は赤丸が連続せずに青丸に切り替わるパターンが生じています。つまり赤丸がついたら、次は1列前とは異なる動きをすると予想できます。

別のゲームプロバイダーの罫線

こちらは別のゲームプロバイダーの罫線ですが、甲由路(カッチャロ)に赤線あるいは青線が連続している特徴が見られます。甲由路は3列前と同じ動きかどうかを記録するものなので、赤線がついたら同じ動きを予想し、青線がついたら異なる動きを予想することで勝率を上げることが可能です。

ハンナ
ハンナ
少なくとも勝率が50%を越えれば利益を出しやすくなりますし、さらにほかの攻略法と組み合わせてもよいでしょう。

まとめ:バカラは罫線を活用して攻略しよう

バカラにはゲーム結果に偏りが出る特徴があります。その偏りからパターンを読み取れるのがゲーム結果を記録した罫線ですが、複数ある罫線をうまく活用すれば勝率を高めることが可能です。ただし罫線の種類によっては記録方法にかなりクセがあるので、まずはその読み方を覚えておきましょう。そのうえでオンカジのカジノをプレイして罫線を活用してみてはいかがでしょうか。