ライブカジノ

【ライブカジノ】リアルタイムが熱い!ディーラーと対決できるおすすめゲーム7選

記事内にPRを含む場合があります

オンカジには本物のカジノのような雰囲気を味わえる「ライブカジノ」があります。実際にカジノディーラーがゲーム進行する様子をライブ配信しているのが特徴です。そのディーラーと対決できるゲームがライブカジノにはあります。

ハンナ
ハンナ
そこで本場カジノと同様にリアルタイムでディーラーと対決できるライブカジノのゲームを7種類ご紹介します。気になるゲームがあればぜひプレイしてみてください。

ライブカジノとはどんなもの?

ハンナ
ハンナ
まずはライブカジノがどのようなものかを簡単に説明します。

ディーラーがゲームを進行させる

ライブカジノはゲーム提供しているゲームプロバイダーがスタジオからゲーム進行の様子をライブ配信しています。複数のテーブルが用意され、それぞれ担当するディーラーがゲームを進行させています。

ハンナ
ハンナ
ほとんどのテーブルは24時間開いているので、ユーザーは好きな時間帯に遊べるのも特徴です。

リアルマネーでベットする

ライブカジノはオンカジにリアルマネーを入金し、そのリアルマネーでプレイするゲームです。無料で遊べるフリープレイはどのオンカジサイトにもありません。

リアルマネーでベットした情報はスタジオに送信され、ゲーム結果に反映されます。ゲームで勝てばユーザーのアカウントに勝利金が反映される仕組みです。

ディーラーと対決できるゲームも

ライブカジノではルーレットやバカラのようにゲーム結果を予想してベットするゲームも楽しめます。一方でカジノディーラーと対決できる「ブラックジャック」「ポーカー」は高い人気を得ています。

実際にランドカジノでプレイしているような雰囲気を味わえるので、ライブカジノを提供するゲームプロバイダーはどの会社もテーブル数を多く確保するなど力を入れています。

ディーラーと対決できるおすすめゲーム7選

ライブカジノでディーラーと対決できるゲームには「ブラックジャック」と「ポーカー」があります。それぞれいくつかの種類があるのでご紹介します。

ブラックジャック4種類

ハンナ
ハンナ
ブラックジャックにはさまざまなバリデーションがありますが、ここでは4種類のゲームをご紹介します。
ブラックジャックのルールを解説!ゲーム進行や特殊ルールまでオンカジのライブカジノで人気のブラックジャック、ここではブラックジャックのルールやオンカジならではの攻略法などを紹介しています。...

ブラックジャックのルールと醍醐味

ブラックジャックはユーザーとディーラーが配られたカードの合計数で勝負するゲームです。カードは「A(エース)」を「1」または「11」のどちらかとして数えます。「K(キング)」と「Q(クイーン)」、「J(ジャック)」はすべて「10」として数えます。

そして合計数が「21」に近いほうが勝利します。ユーザーは好きなだけカードを追加できますが、合計数が「21」を超えると「バースト」となり負けます。

ディーラーは合計数が「17」以上になるまでカードを追加し、合計数が「21」を超えると負けます。

ディーラーに配られた2枚のカードは1枚のみ表向きになっています。ユーザーはその1枚と自分のカードの合計数を見て、さらにカードを追加するかどうかの判断をします。バーストしないよう、どこでカードの追加をトップするかなどの戦略を楽しめるゲームです。

クラシックブラックジャック

一般的なブラックジャックです。テーブル数も多く、1つのテーブルに参加できるユーザーの数は限られています。

【チップをベットする】

チップをベットする

ゲームに参加する時はテーブルの空いている場所にチップを置きます。ベットできる金額の範囲はテーブルにより異なります。またベットできる時間に制限があるので注意しましょう。

【カードが配られる】

カードが配られる

ベットするとディーラーがユーザーと自分自身に2枚のカードを配ります。ディーラーのカードは1枚が裏向きです。

【カードを追加する】

必要があればカードを追加します。枚数に制限はありませんが、合計数が「21」を超えないように注意しましょう。

このアクションはテーブルの右端のユーザーから順番に行います。すべてのユーザーがアクションを終えたら次に進みます。

【ディーラーがカードを開く】

ディーラーがカードを開く

ディーラーがダウンカード(裏向きのカード)をオープンします。合計数が「17」以上であれば、この時点で勝敗が決まります。

【ディーラーがカードを追加】

ディーラーがカードを追加

ディーラーは合計数が「17」未満の場合、カードを追加します。

【勝敗が決まる】

勝敗が決まる

※ ディーラー「20」に対してユーザー「15」で負け

ディーラーの合計数が「17」以上であれば勝敗が決まります。ユーザーが勝てば賭け金の倍のチップを受け取り、負けたら賭けたチップは没収されます。

ユーザーの最初の2枚が「21(ブラックジャック)」であれば賭け金の2.5倍を受け取ります。ただしディーラーがブラックジャックであればユーザーは「インシュランス(保険)」をしていないと負けとなります。

スピードブラックジャック

スピードブラックジャック

ルールはクラシックブラックジャックと同じですが、アクションできるのはテーブルの右端からではなく早いユーザーからです。そのためゲームの進行が早く、プレイ時間が少ない時におすすめです。

インフィニットブラックジャック

テーブルに参加できるユーザー数に制限がないブラックジャックです。ほかのテーブルが満席の時でもプレイできますが、参加人数が多くなるほどゲーム進行が遅くなる点に注意しましょう。ルールはクラシックブラックジャックとほぼ同じです。

【チップをベットする】

チップをベットする

制限時間内にチップを置きます。オプションもいろいろとあるので必要があればベットしましょう。

【カードが配られる】

カードが配られる

ベットの制限時間が経過したらカード
が配られます。

【ユーザーがアクションを決める】

ユーザーがアクションを決める

※ 参加人数は「147人」

ディーラーにも2枚のカードが置かれるとユーザーはアクションを決めます。参加人数が「0」になればディーラーは次のアクションに移ります。

「バースト」

カードを追加するユーザーがいる間はディーラーはカードを追加し続けます。「バースト」と出ても、その前にカードの追加を終えているユーザーはディーラーとの対決に進みます。

【勝敗が決まる】

勝敗が決まる

ユーザーのアクションが終わればディーラーがダウンカードをオープンし、合計数が「17」以上になるまでカードを追加して勝敗が決まります。

左上には何人のプレイヤーが合計でどれだけの勝利金を獲得したのかが表示されます。

ライトニングブラックジャック

ユーザーが勝った時、カードの合計数によりランダムに決まるマルチプライヤーが加算されるブラックジャックです。大きな配当を狙いたい人におすすめです。

【チップをベットする】

チップをベットする

ライトニングブラックはインフィニットブラックジャックと同様にユーザーの参加人数に制限がありません。ただしチップをベットすると、同額の手数料が引かれるので注意しましょう。

【マルチプライヤー倍率が決まる】

マルチプライヤー倍率が決まる

ベット制限時間が経過すると、ディーラーのうしろにマルチプライヤーボードが出現します。合計数ごとの倍率は毎回ランダムに決まります。

【ユーザーがアクションを決める】

ユーザーがアクションを決める

カードが配られたら参加しているユーザーがアクションを決めていきます。全員のアクションが終わればディーラーのアクションに移ります。

【勝敗が決まる】

勝敗が決まる

※ ディーラーはブラックジャック

ユーザーのアクションが終わればディーラーがダウンカードを開き、合計数が「17」以上になるまでカードを追加して勝敗が決まります。ユーザーはディーラーに勝てば、その合計数に応じてボードに表示されているマルチプライヤー倍率を掛け合わせた配当を受け取ります。

ポーカー3種類

ハンナ
ハンナ
ライブカジノのポーカーは数種類ありますが、その中から3つをご紹介します。
オンカジで人気のポーカー!ルールや種類、おすすめや攻略法を解説オンカジのライブカジノで人気ゲームの1つポーカー。ここではポーカーのルールや種類、ポーカーの攻略法を紹介しています。...

ポーカーのルール

ポーカーは基本的にユーザーとディーラーに2枚ずつのカードが配られ、さらにテーブルに5枚のカードが開きます。そして2枚の手札とテーブルの5枚のカードでできる役の強さにより勝敗が決まります。

ポーカーのゲームによっては、ユーザーは賭け金を増やすベットラウンドが何回かあります。配られたハンドやテーブルのカードなどに応じてチップを増やすかどうかを判断する戦略を楽しめるのが特徴です。

ポーカーにおける勝敗について

ディーラーの「クオリファイ」とは勝負に参加する資格のことです。クオリファイの条件はゲームにより異なります。

配当はたとえば「1:1」となっていれば賭け金と同額の利益となり、「10:1」とあれば賭け金の10倍の利益となります。

引き分けは賭け金と同額が支払われ、負けの場合は賭け金を没収されます。

勝敗結果の表にある「プレイ」はベットラウンドでレイズ(上乗せ)したチップのことです。

役は強い順に次のようになります。

役の名前 説明
ロイヤルフラッシュ A♢K♢Q♢J♢10♢ 同じスーツ(マーク)で「AKQJ10」
ストレートフラッシュ 9♡8♡7♡6♡5♡ ロイヤルフラッシュ以外で同じスーツの連番5枚
フォーカード A♡A♤A♢A♧5♢ 同じランク(数字)4枚といずれか1枚
フルハウス K♢K♡K♧6♤6♢ 同じランク3枚と別の同じランク2枚
フラッシュ Q♧10♧9♧6♧3♧ 同じスーツ5枚
ストレート 9♧8♡7♤6♢5♡ 連続するランク5枚
スリーカード K♧K♢K♡9♧7♧ 同じランク3枚と異なるランク2枚
ツーペア A♧A♢K♡K♧7♧ ペアが2組と異なるランクいずれかのカード
ペア K♧K♢Q♢9♧8♡ 同じランク2枚と異なるランク3枚
ハイカード Q♡9♧7♤4♡2♡ 状況のいずれの役も作らない5枚

カジノホールデム

ディーラーとプレイヤーに2枚のカードが配られ、それぞれの2枚のカードとテーブルに開いた5枚のカードでできる役の強さで勝敗が決まります。

ユーザーとディーラーに2枚のカード
が配られ、さらにテーブルに3枚のカード
が開いてからユーザーはゲームを続けるか降りるかを判断します。

【アンティベット】

アンティベット

ゲームに参加する場合には「アンティ」にチップを置きます。この時にユーザーとディーラーに2枚のカードが配られます。

【フロップ】

フロップ

テーブルに3枚のカードが開き、ゲームを続ける場合には「2×プレイ」にアンティベットの2倍のチップを賭けます。ゲームから降りる場合にはアンティのチップを放棄して「フォールド」をタップします。

制限時間内に選択をしないと自動的にフォールドが選択され、アンティベットは没収されます。

【勝敗の決定】

勝敗の決定

※ ディーラーの勝利

テーブルに2枚のカードが追加され勝敗が決まります。ディーラーがクオリファイする条件は「4以上のペア」を持っていることです。

ゲームの勝敗による結果は次のとおりです。

ディーラーのクオリファイ ユーザーの勝敗 アンティ プレイ
× 勝ち 引き分け
勝ち 1:1
× 負け 負け
引き分け 引き分け 引き分け
フォールド 負け

アンティの勝ちにおける配当は次のとおりです。

ハンド ペイアウト
ロイヤルフラッシュ 100:1
ストレートフラッシュ 20:1
フォーカード 10:1
フルハウス 3:1
フラッシュ 2:1
ストレート 1:1
スリーカード 1:1
ツーペア 1:1
ワンペア以下 1:1

テキサスホールデム

プレイヤー同士が対戦するテキサスホールデムにもっともルールが近いポーカーです。ディーラーとユーザーそれぞれに配られる2枚のカードと、テーブルに開く5枚のカードでできる役の強さで勝敗が決まります。

賭け金の増額は早い段階で決めるほど多いのが特徴です。

【アンティベット】

アンティベット

「アンティ」にチップを置いてゲームに参加します。同額のチップが「ブラインド」にも置かれます。

【プリフロップ】

プリフロップ

最初のベットラウンドです。ここで「チェック」を選ぶと次のラウンドに進みます。ベット額を増やす場合にはアンティベット額の「4倍」または「3倍」を選んで「レイズ」します。ここでレイズを選択すると、あとのラウンドはすべて自動的にチェックします。

制限時間内に選択をしない場合は自動的にチェックが選択され次のラウンドに進みます。

【フロップ】

フロップ

テーブルに3枚のカードが開きます。ここで「チェック」を選ぶと次のラウンドに進みます。

ベット額を増やす場合にはアンティベット額の「2倍」を選びレイズします。何も選択せずに制限時間が経過すると、自動的にチェックが選択され次のラウンドに進みます。

【ターン・リバー】

ターン・リバー

テーブルに4枚目と5枚目のカードが開き最後のベットラウンドになります。勝負を続ける場合はアンティベットと同額をベットし、勝負しない場合は「フォールド」を選択します。選択しないまま制限時間が経過すると自動的にフォールドが選択され、アンティとブラインドのチップを失います。

【勝敗の決定】

勝敗の決定

※ ディーラーの勝ち

ディーラーがダウンカードを開き勝敗が決定します。ユーザーが負けるとベットしたチップはすべて失います。勝敗結果によりベットしたチップは次のようになります。

ディーラーの「クオリファイ」の条件は「ペア以上の役」があることです。

ディーラーのクオリファイ ユーザーの勝敗 アンティ ブラインド プレイ
× 引き分け 勝ち 1:1
× × 引き分け 負け 負け
1:1 勝ち 1:1
× 負け 負け 負け
引き分け 引き分け 引き分け 引き分け
フォールド 負け 負け

ユーザーが勝った時のブラインドの配当は次のとおりです。

ハンド ペイアウト
ロイヤルフラッシュ 500:1
ストレートフラッシュ 50:1
フォーカード 10:1
フルハウス 3:1
フラッシュ 1.5:1
ストレート 1:1
そのほかのハンド 引き分け

カリビアンスタッドポーカー

勝負するかどうかを決めるのは1回のみのシンプルなルールのポーカーです。ユーザーとディーラーには5枚のカード
が配られ、その5枚のカードでできる役の強さで勝敗が決まります。

【アンティベット】

アンティベット

ゲームに参加する場合は「アンティ」にチップを置きます。

【ベット】

ベット

ユーザーとディーラーに5枚のカードが配られ、ディーラーのカードは1枚のみ表向きになっています。ユーザーは自分の5枚のカードを見てゲームを続ける場合は「2×プレイ」を選択しアンティの2倍のチップをベットします。ゲームから降りる場合は「フォールド」を選択します。

制限時間内に選択しないと自動的にフォールドが選択され、アンティのチップを失います。

【勝敗の決定】

勝敗の決定

ディーラーが4枚のカードをオープンして勝敗が決まります。勝敗による結果は次のようになっています。ディーラーがクオリファイする条件は「K」以上のカード
を持っていることです。

ディーラーのクオリファイ ユーザーの勝敗 アンティ プレイ
× 1:1 引き分け
1:1 勝ち
× 負け 負け
引き分け 引き分け 引き分け
フォールド 負け

プレイベットが勝ちとなった時の配当は次のとおりです。

ハンド ペイアウト
ロイヤルフラッシュ 100:1
ストレートフラッシュ 50:1
フォーカード 25:1
フルハウス 10:1
フラッシュ 7:1
ストレート 5:1
スリーカード 3:1
ツーペア 2:1
ワンペア以下 1:1

好きなゲームを選んでディーラーと対決しよう

オンカジのライブカジノにはこのように、ディーラーとの対決を楽しめるゲームが数多くあります。それぞれルールが違う部分もありますが、基本的なルールはブラックジャックもポーカーもそれぞれ同じです。

自分が楽しみやすいと思えるゲームを選んでプレイしてみてはいかがでしょうか。